[芸能] 『TAXI』パク・シネ『ユン・シユンは玉ねぎ男!理想のタイプに選んだ理由は?』

パク・シネが最近新たな理想のタイプとしてユン・シユンを選び、人目を引いた。24日夜12時放送のtvN『現場トークショーTAXI』にパク・シネとユン・シユンが共にゲストとして招待されたが、この日2人はお互いに対する正直な気持ちを打ち明けた。特にパク・シネがユン・シユンを理想のタイプに選び、MCキム・グラとチョン・ヒョンムを驚かせた。

2人は来年1月7日より放送のtvN新月火ドラマ『隣のイケメン(原題)』に共演することが縁で各種グラビア撮影を行っている。この日『TAXI』でパク・シネは俳優チャン・グンソク、ジョン・ヨンファらに関するエピソードを話し、「以前は面白い人が好きだったけど、最近は慎重な人が好きだ」「ユン・シユンは玉ねぎみたいに剥いても剥いても新しい姿が出てくる魅力的な人」と打ち明けた。続いてユン・シユンは「実はこういう質問が出ると思って、撮影に入る前に僕の話をしてとお願いした」と恥ずかしいのか冗談を言って笑わせた。

ユン・シユンは前作で共演した俳優シン・セギョンとパク・シネの魅力を尋ねられ「シン・セギョン、パク・シネ2人とも僕には持てない、自由奔放で自分自身を愛する可愛い姿がある。2人とも器が大きな人」と答えた。恋人とクリスマスの時何をしたいかとの質問には「手を繋いで街を歩くこと」とパク・シネが素朴な夢を打ち明けると、ユン・シユンは大関嶺の羊牧場、春川タッカルビ、月精寺訪問などキム・グラが下を巻くほど、年齢よりも大人びた(?)クリスマスの計画を明かした。

これ以外にパク・シネとユン・シユンは手をぎゅっと握らなければならないように作られた(?)カップルミトンをキム・グラからプレゼントされ、すぐにはめてクリスマスキャロルを歌い、以前歌手活動を準備した事のあるパク・シネは歌の実力とダンスを自信たっぷりに披露した。

tvN『現場トークショーTAXI』は2007年初放送以来、スターたちの正直な話を臨場感溢れる画面に載せ、視聴者たちに長い間愛されているケーブル最長寿トークショー。『渋滞で詰まっている道路でスムーズなトーク』とのスローガンと共に天性の話術キム・グラと愉快ウィルスのチョン・ヒョンム2人のMCの幻想的な調和を見せてくれる。毎週月曜日夜12時放送。またパク・シネとユン・シユンが出演するtvN新月火ドラマ『隣のイケメン』は『都市型ラップンチェル』キャラクターのコ・ドクミ(パク・シネ)が向かいの男性をこっそり盗み見ていると、エンリケ・クム(ユン・シユン)に見つかり、繰り広げられる16部作ロマンティックコメディーで来年1月7日スタートだ。

写真提供=tvN

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 25日 13:43