[芸能] 写真作家チョ・セヒョン「少女時代ティファニーは心まで美しい」

写真作家チョ・セヒョンが少女時代のティファニーの性格を絶賛した。

24日のMBC(文化放送)番組『気分の良い日』は、20日にソウル鍾路区仁寺アートセンターで開かれた養子と未婚母のための愛の写真展『天使たちの手紙10th』の写真集出版記念会現場を放送した。

チョ・セヒョンは「スターのモデル料をすべて合わせると、おそらく数百億ウォンになる。スターたちの力がなければ、養子に対する認識の改善がこれほど早くは実現しなかっただろう」とし「以前にクォン・サンウが心臓病の手術を受けた児童と一緒に写真を撮ったことがある。 本当に胸を痛めていた。 ティファニーは撮影中、子どもが突然おしっこをもらすという状況を経験した」と振り返った。 続いて「当時、ティファニーは『子どものおしっこは薬になる。 体にいい』と話していた。 ティファニーは顔だけでなく、心までも美しいスターだった。 それ以降、ティファニーを見る目が変わった」と伝えた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2012年 12月 24日 14:14