[K-POP] パク・ジニョン、釜山でのコンサートで“19禁”ファンサービス

プロデューサーで歌手のパク・ジニョンが釜山(プサン)での公演を盛況裡に終えた。

パク・ジニョンは21日、釜山KBSホールで開かれたコンサートで3,000人余りの観客を集めた。この日のパク・ジニョンはいつになくエネルギッシュなステージとパフォーマンスを2時間にわたり披露し釜山のファンを熱狂させた。

コンサートは15人組バンドの演奏による『君が住むあの家』で始まった。続けてつきあい始めた恋人の気持ちを込めた『君だけだ』、代表ヒット曲『私には女がいるのに』などを歌いダンディながらもセクシーなパフォーマンスで観客の心拍数を高めた。

本ステージの始まりは『エレベーター』で告げた。バーを連想させるステージで女性ダンサーと濃厚なダンスを見せるかと思えばパク・ジニョンだけの“19禁ファンサービス”でファンの心に火を付けた。即興で女性観客をステージに上げて上半身裸でパフォーマンスを見せた。スリムでがっしりとしたパク・ジニョンのスタイルに多くの女性ファンは感嘆の声を連発した。『私から去らないで』『彼女はきれいだった』『Honey』などのヒット曲で公演の有終の美を飾った。

釜山公演を終えたパク・ジニョンは、「釜山の素敵なファンたちと年末をともに過ごすことができ幸せだった。熱く歓呼し楽しんでくれて感謝している」と感想を伝えた。

パク・ジニョンの『悪いJAZZ BARコンサート』は22日に釜山KBSホールで2度目の公演を行った後、24日に大邱(テグ)EXCO、25日に仁川(インチョン)三山(サムサン)ワールド体育館、28日から31日まではソウルSKオリンピックハンドボール競技場で続く予定だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2012年 12月 23日 11:29