[芸能] イ・ヒョリからハハ-ビョル夫妻まで スターたちの投票認証ショット

『投票認証ショット』を見るとスターの性格が見える?
第18代大統領選挙が19日始まったなか、『朝型人間』スターたちが続々と投票認証ショットを残し、視線を集めている。この日午前6時の投票開始前から並んで投票しようとする2AMのスロンを始め、新妻ファッションならぬセクシーファッションを披露したイ・ヒョリなど今までよりもスターの投票参加が目についている。特にどんなファッションなのか、どんなコメントをしたのか、どんなポーズで写真を撮ったのか、誰と一緒に行ったのかなど、じっくり見るとスターたちの性格とライフスタイルまで窺い知ることが出来て、人々にいいファンサービスとなっている。

= 芸能型『どうせやるなら面白く』
シンプルな投票認証ショットは面白いか?笑いが溢れる投票認証ショットを披露するセンスあるスターたちが溢れているのも今回変わった点。代表的な例がまさにイ・ヒョリだ。イ・ヒョリはひと月ほど前にオム・ジョンファと一緒に投票認証ショットで『新妻ファッション』対決をしようと約束したが、オム・ジョンファが突然キャンセルし、残念なことになった。それでもイ・ヒョリはセクシーファッションを19日午前8時に披露した。鎖骨が露わになった挑発的な衣装にヒップホップキャップとサングラスを合わせ、真っ赤な口紅を塗り真冬のセクシーポーズを醸しだした。またTwitterに綴りを間違えてコメントを掲載し笑いを提供した。

ユン・ジョンシンは顔だけで笑わせてくれた。最近『信治琳』というキャラクターで『無限に挑戦』のブサイクな顔を紹介します特集で笑わせた彼は、チョン・ウソン似らしく認証ショットを顔だけで埋めた。見ている方が気後れするようなクローズアップにネットユーザーたちは『顔を自慢しているの?」「美男はさすが自信に溢れている」などと反応した。この他にキム・ジェドン、ヤン・ジュニョクら国民的独身男たちが朝早くから投票認証ショットを掲載し人気を集めた。


= 仕事中毒型『忙しくても認証ショットは必ず!』

どんなに忙しくても投票は必ずするという熱意を見せたスターたちも多かった。代表的な例がユン・ウネ。現在MBCドラマ『会いたい(原題)』撮影に忙しい彼女だが、朝早くからコミカルな投票認証ショットをTwitterに掲載した。ユン・ウネは「撮影現場に行く前に投票完了、認証ショット撮るだけのところが...可哀相にパシャッ!とても寒いです。私のように暖かく着込んで来てください」とコメントと共にサングラスをかけ、コートを着込んで投票案内版の前にちょこんと座っている認証ショットを公開した。

パク・シネもまた女神のような投票認証ショットを残した。パク・シネは来年1月放送予定のtvN月火ドラマ『隣のイケメン』の女性主人公として現在撮影が盛んに行われている状況。しかし時間を作って自宅の近所で大切な一票を行使し、Twitterに認証ショットを掲載した。ここにSBS『ヒーリングキャンプ』に出演し、話題を集めた法律僧侶も「世の中が間違っていると不平だけを言わず主として投票し、世の中を正しく変えましょう」というメッセージと共に投票認証ショットを公開した。この他にアイドルスターのキム・ヒョンジュン、スロン、チャンソン、ジスクらがドラマとバラエティ-番組活動で忙しい中投票認定ショットを撮り、人々に公開した。

= カップル型「私たちは1つです」
『ニューカップル』のハハ-ビョル夫妻は並んで投票認証ショットを公開した。2人は各自Twitterに『認証!誇らしい大韓民国の国民として私たちも大切な一票を行使しにやってきました。さあ!みなさん投票に行きましょう!」とコメントを残した。結婚後初めての投票権を行使した2人の睦まじい姿からは新婚の幸福が滲み出ていた。ヒョン・ジニョンは自身のTwitterに「私たち夫婦は朝早く起きて、いや徹夜して今回の大統領選挙に投票しました。誰が大統領になってもしっかりやってください」とコメントを掲載した後、妻オ・ソウンと投票所で撮った認証ショットを掲載した。2人が一緒にいる姿はほとんど公開されていなかったため、ヒョン・ジヨンの投票認証ショットは更に多くの関心を集めた。


第18代大統領選挙投票時間は午前6時から午後6時まで行われる。投票ブース内で投票用紙を撮影したり、特定政党候補を支持、反対する行為は不可能だ。特定政党候補の選挙ポスターを背景に投票認証ショットを撮影し、SNSなどに掲載すれば違法だ。指で特定政党と候補の番号を表示してはならない。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 19日 18:11