[ドラマ] 『田禹治』ユイ、180度急変したメロポーズ!涙の熱演に「代わりに泣いてあげたい」とスタッフ称賛

『アクション』ユイが『メロ』ユイに戻ってきた。KBS2水木ドラマ『田禹治(チョンウチ)(原題)』でユイはマスク(キム・ガプス)の術によって毒虫に感情を操られるホン・ムヨン役で出演し、悪女ポーズを醸しだし、派手なアクション演技を繰り広げてきた。特に先週放送された第8話では、かつて自分と美しく愛し合ったチョンウチ(チャ・テヒョン)の存在が分からず、初対面からチョンウチを殺そうと術を使い視聴者たちを残念な気持ちにさせた。

これに関連し視聴者たちは掲示板に「ムヨンが一体いつ毒虫から解放されるのか?」「作家様!一日も早くホン・ムヨンがチョンウチに気付くように台本を書いてください」「愛していた人が目の前にいるのに気付かないなんてなんて苛酷なんだ」などの反応を見せた。

視聴者たちの願いどおり、20日放送の第10話からはムヨンが毒虫から解放され、本来の姿に戻ると。マスクの術から解放されると涙を流し、悲しそうなユイの姿が公開され、果たしてどうやって解放されたのか、毒虫から解放されるとすぐに悲痛な涙を流した理由が何なのか好奇心を増幅させている。

この内容の撮影は17日慶尚北道(キョンサンプッド)聞慶(ムンギョン)市にある聞慶ドラマセット場で午前8時から約10時間ほど行われた。この日の撮影でユイは撮影現場に到着するなり、体にワイヤーを付けアクションシーンを演じなければならない状況。寒さのなかでも空中を飛び、格好いい演技を繰り広げたユイはOKサインが出ると、休憩を取らずに次のシーンである感情シーンのために気持ちを作ることに没頭し、『情熱俳優』であることを証明した。何よりも普段明るい姿で現場の雰囲気を引っ張っていたユイだが、この瞬間だけは感情シーンのため笑いの代わりに涙を見せ、視線を集中させた。ユイの大きく澄んだ瞳から涙が一滴ずつポロポロとこぼれると現場にいた男性スタッフが「僕らがユイの代わりに泣いたら駄目ですか」と言い出し、心を痛めたとの裏話だ。

制作会社関係者は「ムヨンはいつ頃毒虫から解放されるのかという視聴者たちの質問が降りそそいだ」「10話で遂にムヨンが毒虫から解放される姿を確認できる。これまでユイが無愛想で無感情なホン・ムヨンの演技を自然に演じてきたが、これからは自分の気持ちを思い切り表現し、愛らしいムヨンの姿を披露する予定だ。回が重なるほど興味深々なストーリーが続く『田禹治』を応援して下さい」とコメントした。

先週の放送で自分がチョンウチだと告白したチャ・テヒョンの言葉を聞いて、全ての事実を知ったベク・ジニが憤怒する姿が描かれ、ドラマの緊張感が増した。またチャ・テヒョンに忠誠を誓ったソン・ドンイルが五千両のためチャ・テヒョンを裏切るシーンが描かれ興味を高めた。

写真提供=チョロクベムメディア

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 19日 18:07