[K-POP] JYJジェジュン、ジュンスに続き来年1月ソロアルバム発売

男性グループJYJのジェジュンがジュンスに続き、来年1月ソロ歌手として合流する。

ジェジュンの所属事務所C-JeSエンターテインメントは18日、eNEWSに「来年1月、ジェジュンがとても特別なソロミニアルバムを発売する」「ロックの伝説シナウィー5代目ボーカルキム・パダが直接作業に参加し、多様なロックジャンル音楽を収録した」と明らかにした。

続けて「JYJ活動では見られなかったジェジュンのハスキーで荒々しい高音など、彼のまた違った魅力に出会えるだろう」とコメントした。

ジェジュンは今まで日本のドームコンサートなどのソロステージを通して『君のために』などを歌い、ロックボーカリストとしての卓越した実力を認められたことがある。特に今回のアルバムでは最近『私は歌手だ』を通じて再び国内最高のロックボーカリストと認められたキム・パダが合流し、アルバムの完成度を高める予定だ。

キム・パダはC-JeSエンターテイメントを通じてeNEWSに「ジェジュンはロックボーカリストとしてのいい素質を持っている。また音楽に対する真摯な気持ちが大きく、私もまた作業する間愛情が大きくなった。ジェジュンだけの少しセクシーでグラマーな歌唱法が魅力的だ。どこに出しても遜色ないロックナンバーを作ろうと努力した」と明かした。

また「ロック音楽とは自分の心の中に埋めておいたストーリーを音楽に昇華させ作らなければならないんだが、ジェジュンの作詞センスが素晴らしい」「すでにアイドルよりはアーティストとして彼を認めなければならないんじゃないかと思った」と話した。

ジェジュンはこれまでJYJとジュンスの正規アルバム曲に直接作詞、作曲し、シンガーソングライターとしての実力を認められており、今回のアルバムでも全曲直接作詞し、再度自分の力量を立証した。

C-JeSエンターテインメントは「アルバムの具体的な内容は全て極秘だ。次週からアルバム販売ジャケットティーザーと映像ティーザー等が順次公開される予定で、音源公開に合わせミュージックビデオも準備中だ。最近の映画『ジャッカルが来た(原題)』に収録されたOST曲も収録し、スペシャルなアルバムとして今年の冬、ファンたちのためのサプライズプレゼントになると思う」とコメントした。

アルバム関係者は「ジェジュンの優れた歌唱力と卓越した感性の表現が溶け込んだアルバムで、ジェジュンだけが出来るアルバムが完成された。今年の冬、ジェジュンの爆発的な歌唱力と甘いボイスに魅了されるだろう」と話した。

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 18日 18:25