[ドラマ] 『私の娘ソヨン』関係者「出演俳優たちの被害はどうするんだ」

韓国放送演技者労働協会(以下韓演労)がKBS2週末ドラマ『私の娘ソヨン(原題)』の撮影現場を占拠していた中で、出演俳優たちが困惑する立場を明らかにした。

韓演労は18日午前8時頃、ソウル松波(ソンパ)区風納洞(プンナッドン)で進行中の『私の娘ソヨン』の撮影現場を強制占拠した。撮影の準備中だった俳優たちは、韓演労のこのような行動により現場で待機中であり、制作会社と演出チームは韓演労と交渉中だ。

これに関連し匿名を希望した『私の娘ソヨン』に出演中のある俳優はこの日午前、eNEWSとの電話取材に対し「韓演労がどんな意図で撮影現場を強制占拠に出たのか分かっているが、今日のスケジュールのために集まった俳優たちの被害は誰が保証するのか」「みんな忙しいスケジュールを調整してこの日の撮影のために集まったのに、本当に当惑している」と心境を明かした。

韓演労はKBSを相手取り、未払いの出演料13億ウォンを解決せよと撮影拒否、ストライキ中だ。先月12日、韓演労の撮影拒否、ストライキが始まった後、KBS1連続ドラマ『頑張って、ミスターキム!(原題)』はソウル永登浦(ヨンドンポ)汝矣島(ヨイド)KBS別館で撮影されたセット撮影が暫時中断される支障をきたした。

『私の娘ソヨン』は『大王の夢(原題)』『頑張って、ミスターキム!』『愛してる、愛してる(原題)』とバラエティ番組『ギャグコンサート(原題)』と共に、韓演労が撮影を拒否する番組名簿に掲載されていた。これまで韓演労は何度か『私の娘ソヨン』の撮影現場占拠を予告していたが、KBSの統制の中で行われた。

しかし相変わらず韓演労とKBSの立場の狭まっていない。

写真出所=KBS

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 18日 18:09