[芸能] イ・ヒョリ、一人暮らしの老人に‘写真撮影’のプレゼント

歌手のイ・ヒョリがソウルのある再開発地域を訪問し、一人で暮らしている老人達に写真を撮ってあげるなどボランティア活動を行った。


18日のアルムダウン財団のブログを見ると、イ・ヒョリは16日に写真家のキム・テウンとメーキャップアーティスト達と共にソウル麻浦区(マポグ)阿峴洞(アヒョンドン)の再開発地域を訪問し、一人暮らしの老人15人に写真を撮ってあげた。元々は練炭の配達をする予定だったが、事情により親友の写真作家やメーキャップアーティスト達と手を組み老人達に写真を撮ってあげる事にしたと伝えられた。


イ・ヒョリはこの日、「写真ボランティア」と共に老人達に自ら編んだニット帽をプレゼントしたとアルムダウン財団は明かした。アルムダウン財団は「一人暮らしの老人達は経済的にも、身体も不自由で写真を撮りに外出するのが楽ではない。良いプレゼントになったと思う」と伝えた。


イ・ヒョリは昨年にも阿峴洞(アヒョンドン)の再開発地域に訪れ、練炭と米などの生活必需品を配達するボランティア活動をし、今年の初めにはアルムダウン財団に生活困難な老人の為に‘ヒョリ基金’1億ウォンを伝達した。

写真=アルムダウン財団

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 18日 16:24