[ドラマ] ユン・ウネ「9歳年下のユ・スンホとのメロ演技、罪を犯しているような気分」

女優のユン・ウネ(28)が9歳年下のユ・スンホ(19)とのメロ演技について、「罪を犯しているような気分」と明かした。

ユン・ウネは17日午後2時、京畿道(キョンギド)の楊州(ヤンジュ)文化動産で行われたMBC(文化放送)の水木ドラマ『会いたい(原題)』の記者懇談会で、「(6年前の)授賞式でユ・スンホと会った縁について、記事が出たのを見た」とし「衝撃的だった」と話した。

続いて「成長したスンホには大人っぽいところが多く、演技をしながら幼いと感じたことは全くなかったが、過去の授賞式のときに撮影された写真を見て(スンホがとても幼くて)罪を犯しているような気分になった。その記事を見てから、演技するときにはおかしな気持ちになった」とし「その記事を読まなかったらよかったのにと思った」と力が抜けたような様子だった。

ドラマ『会いたい』は初恋の辛い思い出を胸の奥に抱えて生きてきた2人の男女が14年ぶりに再会した物語を描く伝統メロドラマ。パク・ユチョン、ユン・ウネ、ユ・スンホらが出演し、ドラマ『ありがとうございます』を演出したイ・ジェドンPDと『あなた、笑って』の脚本家のムン・ヒジョンがタッグを組んだ作品。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2012年 12月 17日 16:47