[K-POP] 『所属事務所論争』チョン・ジュンヨン「私が責任を取らなければならない問題...そういうものなんだと思った」

『SSK4』チョン・ジュンヨンが所属事務所論争について口を開いた。
チョン・ジュンヨンは17日午前、ソウル麻浦(マポ)区上岩洞(サンアムドン)CJ E&Mセンターで開かれたケーブルチャンネルMnet『SUPER STAR K 4(以下SSK4)』トップ6記者歓談会で「所属事務所は以前韓国に来て音楽に接した時知り合った先輩たちだ」「その先輩たちと作業した曲が『SSK』をやりながら発表され、ただそういうものなんだと思った」と立場を明らかにした。

彼は「私が音楽を出来るよう助けてくれた先輩たちであり、これからも助けてもらうと思う」「契約はされている状態で、私が責任を取らなければならないと考えた。他の会社との契約に障害になるとは思わなかった」と付け加えた。

以前チョン・ジュンヨンは12日『SSK4』以前に契約を結んだ会社でレコーディングした新曲『Happy Blue Christmas』音源を発表し、議論を呼んだ。

チョン・ジュンヨンは18日販売される『It's Top 12』アルバム発売を皮切りに20日からソウル、仁川(インチョン)大邱(テグ)、光州(クァンジュ)、水原(スウォン)、釜山(プサン)でコンサートを行う。

写真提供=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 17日 18:07