[芸能] チョン・ジュンヨン「少女時代のMV撮影の時、家に帰りたかった」

17日に放送されるtvN『現場トークショーTAXI』で、チョン・ジュンヨンは優勝者ロイ・キムと共に出演し、SUPER STAR K 4の出演前の活動について話した。


チョン・ジュンヨンは幼少時代、事業をしている父親について中国・インドネシア・ヨーロッパなどを転々とし、高校時代の時に一人で韓国に帰国した後、友人達とロックバンドを結成し、公演の為に日本にも行ったと話した。

しかしその時にパスポートを無くしてしまい、1週間200円でやり過ごしたという。幼い歳で一人で生活するのは大変な点も多かったが、特有の楽天的な性格のお陰で克服できたと話した。

チョン・ジュンヨンは話題となったテティソ『Twinkle』のミュージックビデオの撮影時のエピソードについても語った。

チョン・ジュンヨンは「オファーの電話をもらったとき、記者の役で大きな役割だと聞いて行ったら、僕と同じようにオファーを受けた記者役がなんと30人もいた。帰りたかったけど撮影現場は坡州市(パジュ)だったので、帰るにはあまりに遠すぎて一生懸命撮影した」と話し、現場を笑わせた。

この日の放送では、ロイ・キムとチョン・ジュンヨンの新しい一面が公開される予定だ。

写真=tvN

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 18日 09:15