[K-POP] PSY、米TIME誌の『今年の人物』投票で17位に

ワールドスターのPSYが、アメリカのTIME誌『今年の人物』のオンライン投票で最終的に17位となった。


14日(現地時間)、アメリカの時事週刊誌『TIME』の公式ホームページによると、PSYはTIMEが行ったオンライン投票で『今年の人物(Person of the Year 2012)』候補に挙げられ、38人中17位にランクインした。PSYは、賛成(Definitely)10万722票、反対(No way)10万308票を獲得した。

中間順位に該当する記録だが、PSYは早々に金正恩朝鮮労働党第一書記、バラク・オバマアメリカ大統領、ヒラリー・クリントンアメリカ国務長官、ムハンマド・ムルシーエジプト大統領など、世界的な有名人と共に候補に挙げられ、グローバルな影響力を認めさせた。

『今年の人物』オンライン投票は、金正恩朝鮮労働党第一書記が1位を記録した。金正恩朝鮮労働党第一書記は賛成563万5941票、反対13万7986票を獲得した。

この他にもアメリカの俳優ジョン・スチュアート、アメリカの女子体操選手ガビー・ダグラス、ミャンマーのアウンサン・スーチー氏、アメリカのコメディアン・スティーヴン・コルベア、クリス・クリスティニュージャージー州知事、ヒラリー・クリントン国務長官、ムハンマド・ムルシーエジプト大統領などが10位圏内にランクインした。

再選に成功したバラク・オバマアメリカ大統領はPSYよりもワンランク下の18位にランクインした。

これに先立ちTIMEは11日(現地時間)、インターネットを通じて「『GANGNAM STYLE』のミュージックビデオが持つ伝染性、厚かましい階級意識、突然明かされた過去の反米発言がもたらした波紋は、文化人のPSYが作り上げた同時代の産物」とPSYを『今年の人物』候補に選定した理由を明かした。

一方、TIMEはオンライン投票の結果を反映させ、19日にツイッターを通じて『今年の人物』の主人公を発表する予定だ。オンライン投票は読者たちの関心を導き出すためのイベントで、最終結果についての参考材料として活用される。


写真=MAMA、TIME

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 14日 13:47