[映画] 来年上半期からクランクイン

ハ・ジョンウとカン・ドンウォンが映画「群盗」で共演する。

14日、映画配給会社のショーバックスは、映画「群盗」の主人公にハ・ジョンウとカン・ドンウォンを確定したと明らかにした。





映画「群盗」は、映画「犯罪との戦争:悪い奴らの全盛時代」で好評と作品性を認められたユン・ジョンビン監督の新作で、19世紀の朝鮮時代を背景にした盗賊団のアクション史劇だ。

映画「犯罪との戦争:悪い奴らの全盛時代」でユ・ジョンビン監督と息を合わせたハ・ジョンウは、「群盗」でもう一度タッグを組む。ハ・ジョンウは「群盗」で白丁(ペクジョン)として生きていたが盗賊となったドルムチ役を演じる予定だ。

カン・ドンウォンは「群盗」をスクリーン復帰作に選んだ。カン・ドンウォンは全羅羅州地方の大富豪チョ大監の息子で、最高の武術の実力を持っているが、妾の子という身分のせいで認めてもらえないチョユン役を演じる。

ハ・ジョンウとカン・ドンウォンのタッグが期待を集める映画「群盗」は、来年上半期にクランクインする予定だ。

写真=Showbox




Reporter : harumi takagi (th774@cj.net)

[Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved] 2012年 12月 14日 13:33