[映画] 『王になった男』1,230万突破し韓国歴代3位『王の男』を超えた

「『王の男』を超えた!」
映画『王になった男』が『王の男』を超え、韓国映画歴代ボックスオフィスヒット作3位に上がった。

配給会社CJエンターテインメント側によると『王になった男』は12日、累積観客1,230万4,000名を突破し『王の男』の1,230万2,831名の記録を飛び越えた。これは9月13日の公開後3ヶ月目のことだ。

これにより『王になった男』は『泥棒たち(原題)』の1,303万227名、『グエムル-漢江の怪物-』の1,301万9,740名の後を続き、歴代韓国映画ヒット3位になった。特に『王の男』を超え時代劇ジャンル最高のヒット作となったことで更に意味深い。

『王になった男』は朝鮮光海君時代を背景に、王とそっくりなため代役をすることになった賤民ハソンの話を描いた時代劇だ。イ・ビョンホン、リュ・スンリョンの熱演と18代大統領選挙の話題と相まってヒット作となった。

封切14週目を迎える中でも変わらず観客を集め、最高の時代劇映画になった。国内の興行成功を足がかりに、アラブ首長国連邦のアブダビ映画祭を始め、ベトナム韓国映画祭、パリ韓国映画祭、ロンドン韓国映画祭など海外有数の映画祭でも好評を博しており韓国映画の底力を見せつけた。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 13日 18:17