[芸能] カン・ジファン、所属事務所から芸能活動停止の仮処分申請

俳優のカン・ジファンが所属事務所から芸能活動停止の仮処分申請を出された。

法曹界によると11日、芸能事務所のエスプラスエンターテインメントは、ソウル中央地方裁判所にカン・ジファンを相手取り芸能活動停止の仮処分申請を出した。所属事務所は「カン・ジファンが2010年1月5日から2012年12月31日までの専属契約にもかかわらず、特別な理由もなく、今年の9月から事務所の連絡を一方的に回避して携帯電話の番号も変更した」と主張した。

また「カン・ジファンが10月に代理人と別途契約を締結したあと、彼にマネージメントの権限を与えた。これは明らかに専属契約違反事項」とし、2013年10月31日まで、カン・ジファンの芸能活動禁止を要求した。

これに対してカン・ジファンの法律代理人の法務法人エーペックスは「カン・ジファンは法務法人と共にいつでも所属事務所との協議または話し合いに参加する用意がある。所属事務所の連絡を回避したことはない」と反論した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2012年 12月 12日 15:05