[芸能] ロイ・キム「チョン・ジュニョン脱落に安心した、悪く言われるのが嫌だった」

『SUPER STAR K 4』ロイ・キムがライバル、チョン・ジュニョンが脱落した当時の心境を打ち明けた。

10日放送のケーブルチャンネルtvN『現場トークショーTAXI(以下TAXI)』でロイ・キムはチョン・ジュニョンがセミファイナルステージで脱落したのはかえって良かったことだと話し、好奇心をくすぐった。

この日ロイ・キムは「ライバル、チョン・ジュニョンが脱落した時どういう気持ちだった」との質問を受け、「ジュニョン兄さんと一緒にファイナルに上がったら面白かった。(一緒にファイナルに立つ)考えもした」と慎重に話し始めた。

しかし「元々議論があったので弟の立場としては見てられなかった。(ジュニョンは)すでにスターになったから(落ちた事を)悪く言われないだろうと思った」とチョン・ジュニョンの脱落にむしろ安堵のため息をついた理由を付け加えた。

『SUPER STAR K 4』参加者中、お互いを一番親しい人に選ぶほど2人は番組を通じて格別の友情を築いた。ロイ・キムは「特別な理由なくジュニョン兄さんが視聴者たちから酷評されるのを横で見るのも辛かった」とチョン・ジュニョンに対する切ない気持を伝えた。

ロイ・キムは先月30日香港で成功裏に開催された2012Mnet Asian Music Awardsに参加する前に『TAXI』に乗車した。この日の放送にはロイ・キムとは全く違う反抗児の魅力で女心を揺さぶったチョン・ジュニョンも一緒に出演し、『SUPER STAR K 4』の審査委員であり、グローバルスターになったPSY(サイ)に会い、様々な話を交わし和気あいあいとした時間を過ごした。

写真出所=tvN

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 12日 14:53