[ドラマ] キム・スヒョン、日本で『太陽を抱く月』シンドローム続く

キム・スヒョンが日本でシンドロームが続く見通しだ。

キム・スヒョンは8,9日、ドラマ『太陽を抱く月』のプロモーションの為に東京でテレビ出演などを行った。『太陽を抱く月』は、来月日本のNHKで放送される。


8月に衛星チャンネルKNTVで『太陽を抱く月』が放送された後、日本ではキム・スヒョンに対する関心が高くなった。この為、9日午前にNHKで行われた記者会見には、キム・スヒョンを一目見る為に多くのファンと取材陣が集まった。

この日の記者会見の前に行われたスペシャル番組の収録現場には、事前抽選を通じて選ばれた幸運のファン達も共にした。彼女達はキム・スヒョンをはじめハン・ガインなどの主演キャスト達とハイライト映像を鑑賞し、クイズを行うなど楽しい時間を過ごした。キム・スヒョンはファンの為にキュートなダンスを披露したりもした。

公式記者会見には多数のメディアが参席した。取材陣はドラマ関連の質問だけでなく、俳優としてのキム・スヒョンに関する質問も多かった。キム・スヒョンは明るい笑顔と誠実な態度でインタビューに応じて、現地メディアに良い印象を残した。

日本のメディア関係者は「キム・スヒョンがこのプロモーションの間中、笑顔と余裕を忘れずに積極的にインタビューに応じる姿が印象的だった。数々のドラマで日本でも人気者になっていただけに今回の『太陽を抱く月』を通じて韓国だけでなく、日本でも愛される新韓流スターとして成功するだろうと予想される」と期待感を表した。

最高視聴率42.2%を記録した『太陽を抱く月』は、来月13日のスペシャル番組をはじめとして毎週日曜午後9時に放送される。

写真=Key East

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 10日 17:42