[芸能] チェ・ジウ、イメージと違う?鶏肉ユッケ賞味後「歯ごたえある」

女優のチェ・ジウが、清純なイメージと異なり、生肉料理を拾い集めて味わった。

チェ・ジウは7日に放送されるケーブルチャンネルO’Liveの食紀行番組『デリシャスコリア』に出演し、第1回の魚の内臓に引き続き、生の鶏肉やアワビの内臓も口に入れた。

チェ・ジウは第1回から獲れたてのボラの内臓を食べるなど、普通は生で食べることが想像も付かない食材を味わい、大韓民国の隠れた味を体験した。この日の放送でも鶏肉ユッケと生鶏の足、火を通していないアワビの内臓まで手に取った。

生料理を食べるようになった理由は、チェ・ジウと一緒に旅程をともにしているデザイナーのチョン・グホ氏のため。チョン氏は生まれて初めて見る食材にも迷わず先に試食をしてチェ・ジウに勧めている。チェ・ジウは「私の顔を見ると食べろ食べろしきりに勧める。私は元々こういったものを食べるイメージじゃないのに…」と言いながら泣き面を作った。しかし試食後「本当に口の中にくっつく感じ。変なにおいはしないし歯ごたえがある」と賞賛した。放送は7日午後11時。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 12月 07日 15:25