[芸能] イ・グァンス「バラエティは『ランニングマン』だけ?No!機会があれば..」[インタビュー]

俳優イ・グァンスが『バラエティ初心者』としての欲を表わした。

イ・グァンスは最近eNEWSとのインタビューで、現在出演中のSBSのバラエティ番組『日曜日が良い - ランニングマン(以下ランニングマン)』に対する愛情を示すと同時に『芸能人』として生きていく自分の姿を率直に打ち明けた。

イ・グァンスは「『ランニングマン』以外のプログラムに出演していない」という発言について、「それは私の意図と違うように見られただろう」と訂正した。イ・グァンスは今年初め、チャンネルA『僕らのイケメン青果店』の制作発表会で「『ランニングマン』以外にバラエティ番組に出演していない」と明らかにした。

イ・グァンスは「もちろん『ランニングマン』は、私の家族と同じような意味を持つプログラム」としながら「先輩たちとスタッフたちは本当に息もよく合って、私がどのようなアクションを取っても大好きでいてくれる。その度に家族という考えがもっと強くなり、愛情は言葉で表現できない」と『ランニングマン』への愛情を誇示した。

イ・グァンスは「別の場所で再びバラエティをするとすれば、しばらくは上手くできる自信がない」と言いながらも「だからといって『ランニングマン』以外に他のプログラムに出ないという意味ではない」と説明した。

続いて「私自身がいることで、そのプログラムに役立たなければいけないはずだが、今は何か新しいプログラムに投入されても助けになれなさそうだ」とし、「まだちょっと難しいようだ」と付け加えた。

イ・グァンスは毎週日曜日午後に放送されている『ランニングマン』で裏切り者キャラで大きな人気を集めている。同盟を結んだとしても必要に応じて一瞬で裏切らるキリンとして登場する。能力者であり、『ランニングマン』のエースであるキム・ジョングクとの対決構図で大きな笑いを誘っている。

イ・グァンスは『ランニングマン』で共演しているユ・ジェソク、ハハ、キム・ジョングク、ゲリ、チ・ソクチン、ソン・ジヒョ等に感謝の気持ちも強調した。

イ・グァンスは「初めは私が上手くできるかという疑問が一番大きかった。ダメージを与えないために言葉もたくさん惜しんだし、控えめだったが、兄さんたちがたくさん助けてくれた」とし、「キャラクターになるような要素もたくさん引き出す機会も多く作ってくれた。だから早い時間に兄さんたちと混じることができたし、家族になることができた。今は放送を見ても以前より多く余裕あることを感じている。楽しんでいる」と説明した。

一方イ・グァンスは最近、KBS2ドラマ『優しい男』でパク・ジェギル役を引き受けて真正性溢れる演技で好評を受けた。既存のバラエティ番組で得たコミカルなイメージを脱ぎ、俳優としての真剣さと慎重さを表現して逆の魅力を表わした。来年初めに映画『マイ・リトル・ヒーロー(原題)』を通じて視聴者と会う予定だ。

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 07日 16:23