[K-POP] 日本デビュー3年のBIGBANGが東京ドームで単独コンサート

BIGBANGが日本デビュー3年で東京ドームを征服した。

BIGBANGは5日、東京ドームで単独コンサートを開き、5万5,000人の観客を熱狂させた。BIGBANGが日本デビュー3年で、すべての歌手が一度は公演したいと考える“夢のステージ”東京ドームで公演をしたという点で注目に値する。
今回の公演は5~6月に日本の5都市で行われたBIGBANGのワールドツアー後、その熱気を忘れられないファンのために準備した。ファンからのコンサート要請が続くとBIGBANGは日本3大ドームツアーとして『BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN FINAL IN DOME』(東京ドーム・大阪京セラドーム・福岡ヤフードーム)を開催すると発表した。

この日の公演当日午前、公演会場前はファンで人だかりができた。頭からつま先までBIGBANGグッズでそろえたファンであふれた。最大収容人員を誇る東京ドームにもかかわらず場外では「チケットを譲ってください」と書かれた立て札を持つファンもいて目を引いた。

公演は午後6時15分、オープニング曲の『Tonight』の前奏とともに始まった。続けてBIGBANGは『Hands Up』『Fantastic Baby』など24曲を熱唱し強烈なエネルギーを発散した。大型スクリーンにBIGBANGのメンバーがダンスを踊る姿が映されるたびに5万5,000人の観客は大きな声を上げた。日本で3年間に発売した『How Gee』『ガラガラGO!!』『声をきかせて』『Feeling』などを歌った時にはファンはさらに熱く反応した。ファンの応援にこたえアンコール曲は5曲も歌った。

公演が終わるころには12日に誕生日を迎えるV.Iの誕生日パーティーが開かれた。ファンは一緒に誕生日の歌を歌いV.Iの誕生日を祝った。この日V.Iは「本当にありがたい。3年前にこの近くのJCBホールで2,000人の観客を動員するコンサートを開いたが、いまは東京ドームでコンサートをしている。夢が現実になった。BIGBANGとファンに記念日的な日だ」とし感激していた。

コンサート後、滋賀県から来た31歳の女性ファンは、「11月にBIGBANGの大阪京セラドーム公演を観覧した。再び彼らを見るために東京まで来た。BIGBANGがライブバンドとともに躍動感あふれるサウンドを見せたのが非常に印象深かった。BIGBANGのワールドツアーが継続されたら良いだろう」と感想を話した。都内在住の28歳の女性は、「BIGBANGはメンバー各自のキャラクターが明確でさまざまな魅力を備えたグループだ。今後も活動が期待される」と話した。

一方、今年初めから米国と欧州、アジアを回るワールドツアーを行ったBIGBANGは、訪問国ごとにソールドアウトを記録し話題を集めた。今月は香港、ロンドン、福岡で公演する予定だ。来年1月25~27日にはソウルでアンコールコンサートを開きワールドツアーの有終の美を飾る。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 12月 06日 11:01