[映画] 芸能界の性上納を扱った韓国映画『ノリゲ』来年2月に公開決定

芸能界の性上納を素材にしたチェ・スンホ監督による韓国映画『ノリゲ(原題)』が来年2月に公開される。

同作は巨大権力により黙殺されたある女性の死と事件の真実に迫る者たちの物語を描いた法廷映画。これまで暗黙的に行われていた業界内の性上納問題を正面から取り扱った作品ということで注目されている。事件の真実を追うために立ち上がった熱血記者と検事を中心に、事件に関係した芸能事務所の関係者やマスコミの社長、映画監督やマネージャーなどさまざまな人物が登場し、性上納ロビー問題の真実に光を当てていく。先月30日にクランクアップし、来年2月の公開を目標に仕上げ作業が行われている。

事件に迫る熱血記者のイ・ジャンホ役には映画『犯罪との戦争:悪い奴らの全盛期』『隣人』などで株を上げた俳優のマ・ドンソクがキャスティングされた。新任検事役はイ・スンヨンが演じる。

マ・ドンソクは「観客が怒り悲しみ、そして共感できるすべてのことが映画に込められている。意味のある映画になると思う」と伝えた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 12月 05日 16:44