[芸能] イ・ジョンソク、音楽番組のMCを降板…『学校2013』でカムバック

俳優のイ・ジョンソクがSBS(ソウル放送)の音楽番組『人気歌謡』のMCを降板した気持ちを明かした。

イ・ジョンソクは3日、所属事務所のウェルメイドスターエムを通じて「私には注目されるのが怖い“社会不安障害”があった。『人気歌謡』のMCとしてステージに上がったことは自分にとって大きなチャレンジだった」とし「未熟な私を応援してくれてありがとう。俳優として素晴らしい作品でごあいさつしたい」と伝えた。今月2日に放送された『人気歌謡』で、イ・ジョンソクは降板の意思を目を赤くしながら伝えていた。

今年6月から6カ月間、『人気歌謡』のMCとして活躍してきたイ・ジョンソクは、スムーズな進行とウィットに富む話術で視聴者からの人気を一身に集めていた。イ・ジョンソクは3日に初放送されるKBS(韓国放送公社)第2テレビの月火ドラマ『学校2013』で学級会長のコ・ナムスン役で熱演を繰り広げる予定だ。

『学校2013』は、1999年から2002年まで4編シリーズとして制作され、10代の話を描いた『学校』シリーズの後続編。絶望的な学校の中で夢と希望を探ろうとする学生や教師のエピソードを描く。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 12月 04日 14:44