[芸能] FTISLANDがアフリカの子供達に希望を伝える

FTISLANDがアフリカの子供達に希望を伝えた。



国際救護団体飢餓対策(会長チョン・ジョンソプ)は、「FTISLANDとファンクラブ‘プリマドンナ’が、アフリカ・コートジボワールに図書とコンピューターを支援した」と4日に明らかにした。

約1年前、コートジボワールは2010年から内戦を経験した。これによって飢餓対策飢餓奉仕団が運営していた子供センターと村は治安不在地域という理由で一方的に破壊され、2012年初にコートジボワールの首都に位置するリベラ国立小学校内に移転した。

これを知ったFTISLANDとファンクラブのプリマドンナは、センターの子供達のために8月に図書約120巻とコンピューター一台を現地に伝達した。

センターを運営する飢餓対策飢餓奉仕団のパク・グァンウ、コ・ヘヨン夫婦は「これまで戦争によって家を失った状況の中でも本を読んで癒される子供達が多かった。この支援金で図書館を運営できるようになった」と感謝の気持ちを述べた。本のプレゼントをもらった子供達が直接書いたカードと写真はFTISLANDに伝達された。

アフリカの子供達の真心をもらったFTISLANDは「遠いアフリカから送ってくれた手紙と写真を見たら、むしろ僕達が感謝したい気持ちだ」とコメントした。



写真: 国際救護団体飢餓対策、FNCエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 04日 14:49