[芸能] チョン・ウソン 「いつ撤去されるか分からないバラック集落に住んでいた」

俳優のチョン・ウソンのハンサムなルックスに隠れていた過去の貧しい生活が目を引いている。

チョン・ウソンは29日、再スタートを切ったMBC(文化放送)のトーク番組『ヒザ打ち導師』の第1号ゲストとして出演し、貧しかった時代に思いを馳せた。

チョン・ウソンは「子どもの頃はバラック集落に住んでいた。なんとか踏ん張ってそこで生活していたが、ブルドーザーが入ってきてようやく別の家に逃げた。いつ壊れるか分からない家で、ヒビの入った壁もそのまま放置していた」とし「10代後半のころは、冷たい風が入ってきて、横になって寝ようとしたら吐く息が白くなったほど」と話した。

また「しかし父親が貧しいからといって自分もそうではないと思った。克服して違う人生を築いていかなくてはならないと思い、恨むことはなかった」と付け加えた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 30日 16:49