[映画] イ・ビョンホン、アジア最高スターを証明…シネアジアアワード『今年のスター賞』受賞

俳優のイ・ビョンホン(42)が2012年アジア映画の最高スターに選ばれた。

29日、CJエンターテインメントは「イ・ビョンホンが香港の映画専門展示会『2012 シネアジアアワード』で『今年のスター賞(Star of the Year)』を受賞した」と発表した。

イ・ビョンホンは今年9月に公開された映画『王になった男』で1,200万人の観客を動員しただけでなく、ハリウッド映画『G.I.ジョー』と『RED/レッド2』の主演を演じ、韓国とハリウッドを行き来しながら最高の活躍を見せた。

シネアジアは毎年12月に香港で開催されるアジア最大規模の映画専門展示会で、『今年のスター賞』は最近3年間、中国女優のリー・ビンビン(2011年)やチャン・ツィイー(2010年)、ジョウ・シュン(2009年)らが受賞し、中華圏スターが強さを見せていた。2007年には韓国人として初めてRAINがタン・ウェイとダブル受賞の栄冠に輝いていた。

今年は12月11日から13日まで 香港コンベンション&エキシビション・センター(Hong Kong Convention&Exhibition Centre)で開催される。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 30日 16:12