[K-POP] PSY、米進出狙うアジア歌手に苦言

“YouTubeセンセーション”PSY(サイ)が米国進出を準備するアジア歌手に苦言を呈した。

PSYは12月1日放送されるケーブルチャネルQTV『トークアジア』に出演して「多くの東洋歌手が米国人のように行動しようと努力しているようだ」とアジア歌手の態度を指摘した。

彼は「自分は米国人でない。そのために米国人のように行動するのは話にならない。自分は自分の身分と職業、国籍をそのまま維持したい」と堂々と明らかにした。これとともにPSYは世界進出攻略法も公開した。彼は「米国スケジュールで飛行機に乗った時、世界に私を紹介する戦略を構想してみた。どういう姿勢で出ていけばいいのかについての考えだった。悩んだ末、基本的な原則が出てきた。それは『韓国人らしくいこう』であった」と紹介した。続いて「米国の人気トークショー『ELLENショー』で踊る前に自己紹介を先にしたのもそのような理由であった」と付け加えた。PSYがCNN特派員エリーナ・チョとインタビューする『トークアジア』では『GANGNAM STYLE』熱風についての話はもちろん、『馬ダンス』の誕生秘話、『GANGNAM STYLE』以後の変化、今後のことなど率直な話が公開される。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 30日 11:56