[芸能] 23歳結婚ソネ、ファンカフェに「生きている事がどれほど奇跡か」意味深長な文章(全文)

わずか23歳の若さで超高速結婚を決めたWonder Girlsのソネが、ファンカフェに直接心境を伝えた。アイドル歌手とては初の電撃結婚を発表した彼女は27日午前、自身のファンカフェに長文の文章を上げた。彼女は「海外活動をしながら視野が広がった。生きていることがどれだけ奇跡であるかというとてつもない考えもした」と結婚を決心するまでのストーリーを聞かせてくれた。これは来年1月26日挙式するソネが発表した心境の全文だ。

こんにちは。ソネです!2012年ももう最後の月に向かって走っていますね。私は今年1年だけでなく、約6年前Wonder Girlsという名前で歌謡界に足を踏み入れたあと、現在まで数多くの想い出を思い浮かべながらフィルムのように過ぎて行くシーンごと『私1人の感受性』の時間を送りました。はは、そう言いながら一番心の中を埋めてきた感情はやっぱり『感謝』でした。

とても長い練習生時代を送ったにもかかわらず、まだ未熟さだらけのような私が、さらにグループのリーダーという重大な責任を負ってデビューしたこと自体が奇跡だと思いました。そのあと、2年という時間の中で『Tell Me』『So Hot』『No body』を通じて…本当に多くの方たちから愛され、関心を持ってもらい…いわゆる『成功』と言われる単語が周囲の方たちによって私にも使われるようになりました。ただ振り返る時間もなく走って来た時間だったような気がします。私が好きな仕事のために!夢を追いかけて…胸が躍るほうへ。

そうしてまた時間が流れ流れてWonder Girlsがもう6年目の歌手になり…2年目で始めた本格的な海外活動を通じてあまりにも狭かった私の心の視野が広がって…何かと比較することのできない数多くの事を経験し、感じ…また「生きていることがどれだけ奇跡なのか…」というちょっと途方もなく聞こえるような話を心で悟る時間も持ちました。

このように過ぎた時間を振り返ってみると、今現在私の横に一緒に立っているメンバーたちに心の底からありがたい気持ちが湧いてきたし…言うまでもなくこんな私たちのそのままを好きでいてくださって、応援してくださるWonderfulが表現できないくらいありがたかったです…いつも話すのでうんざりする方たちもいるかもしれないですが…ははは

実は今は国内だけでなく、海外にいらっしゃるWonderfulもいて、私が一度もお会いできなかった方たちもいらっしゃるとも思うんですが…一度もお顔を拝見できず、お会いすることも出来ない関係でもこうやって素晴らしいエナジーをお互いにやりとりできることは本当に素晴らしい事だと思います。だから表現できる時だけでも…話したいと思います。本当にありがとうと…

今日はひさしぶりでそのこともあるけれど…実は一文字一文字書きながら緊張する気持ちを隠すのが難しいですね。はは…ステージでもあまり緊張しないタイプなのに…今この瞬間ちょっと…実は震えていますね…特別な理由もなくただ文章を書くときもありますが、今日はちょっと特別な理由があります。

私には見えなくても近くに感じ、感謝している方たちなので他の人を通じて聞くよりは私が直接お話しして差し上げたいんです。この部分についての詳しい事は今はお話しするのは難しいですが、重要な事だけはお話しいたします!

2013年1月26日、私の人生でとても重要な日になりました。2人がひとつになって一生、人生の道を共に歩いていくと約束し、結婚することになりました。「ずいぶん早い…」と感じられる方たちもいらっしゃるでしょうけれど、私たちの決定を信じて祝福してくださることをお願いいたします。少なくとも皆さんには私が先にお話ししたかったのです。そんなにがっかりしないでくださいね!

今まで嬉しい時一緒に笑い、悲しい時一緒に泣いて分かち合ってきた事のように、1月26日も皆さんがいらっしゃる所から私と一緒に心を分かち合えたら嬉しいです。またこの決定をするなかで一緒に考え、配慮してくれて信じてくれたメンバーたち…そして事務所の方々…全ての方たちに心から感謝いたします!今年もよい締めくくりをして希望溢れる新年を迎える貴重な時間になりますようお祈りいたします。心からありがとうございます。感謝しています。

Wonder Girls ソネより

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 28日 19:23