[ドラマ] ムン・グニョン、視聴率公約の質問に「むやみにすることじゃない」なぜ?

タレント、ムン・グニョンが視聴率公約をしてくれとの取材陣の要請にむやみにすることではないと話し人目を引いた。

ムン・グニョンは27日午後ソウル木洞(モクトン)SBS13階ホールで開かれた新週末ドラマ『清潭洞アリス(原題)』の制作発表会に出席し、このように明らかにした。

ムン・グニョンは予想視聴率と視聴率が突破した場合の公約をしてほしいとの要請に「ただ良ければいいとおもう」「そしてみんながやり甲斐を感じられる結果が出たら嬉しい」と話し出した。続けて「公約はむやみにするものじゃない」と付け加え、その場を驚かせた。

きいてみるとこれはハ・ジョンウが異色の公約をした後、その責任を果たす姿を見たため。ムン・グニョンは「ハ・ジョンウ先輩が受賞したら国土大長征をされると言って本当にされた」「むやみに公約はするものじゃない」と話し、笑いを誘った。

ムン・グニョンと共演することになったパク・シフは「最近ドラマ視聴率が高くないがそれでも23%?ちょっと欲張って28%。うんと欲張れば高ければ高いほどいい」と正直な気持ちを見せた。

劇中ムン・グニョンは「努力が自分を作る」という信条を固く信じて生きるポジティブマインドの持ち主だが冷酷な現実を前に挫折を味わい成長していくキャラクターハン・セギョンを演じる。『清潭洞アリス』は『五本の指』の後続として来月1日初放送だ。

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 28日 19:16