[芸能] ② 有料観客81.5%に驚く日本『K-ミュージカルに追いつけない状況』

#進化するK-ミュージカル

『光化門恋歌』は制作方式もアップグレードされた。 収益配分とは別に、日本公演売上高の13%を韓国制作会社が無条件に受ける。 一種のロイヤルティーということだ。 海外ミュージカルを一方的に輸入してきた韓国が今、日本に本格的に輸出し始めているのだ。

ヒット作も登場している。9月に東京青山劇場で公演された『Jack the Ripper』は有料観客が81.5%だった。 日本と韓国が折半で共同制作したが、韓国側の純収益だけで11億ウォン(約8,300万円)にのぼる。▽韓流スターのアン・ジェウク、ソンミン(SUPER JUNIOR)、ソン・スンヒョン(FTISLAND)の出演▽欧州ミュージカル特有の古風な雰囲気▽日本人が好む悲劇的ストーリー--などが成功の要因という分析だ。 来年11月にはアンコール公演を行う予定だ。

『Jack the Ripper』を輸入した日本企画会社の関係者は「主演だけでなくアンサンブルまで俳優の実力がそろっている。 日本国内で韓国ミュージカルの人気は当分続くだろう」と述べた。

来年、日本の舞台に登場する韓国ミュージカルは現在予告されているものだけで16作品。 進化中のK-ミュージカルの人気は加速ペダルを踏んでいる。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 26日 16:09