[芸能] JYJキム・ジェジュン 「ソン・ジヒョ先輩と『ランニングマン』に出たかったが…」

最近映画『ジャッカルが来る(原題)』で初のスクリーン挑戦に乗り出した歌手で俳優のキム・ジェジュン(26)が共演したソン・ジヒョ(31)がレギュラー出演中のSBS『ランニングマン』で共演したいと願いを打ち明けた。

最近eNEWSとインタビューを行ったキム・ジェジュンは「多くの俳優たちが映画撮影後、広報のために色々なバラエティ-番組に顔を出す」「私もやはり機会があればソン・ジヒョ先輩がレギュラー出演中の『ランニングマン』に出演したら本当によかったのに」と残念さをうかがわせた。

特にキム・ジェジュンとソン・ジヒョは『ジャッカルが来る』で男女主人公に扮したのはもちろんのこと、同じ事務所所属であるのでソン・ジヒョがレギュラー出演中の『ランニングマン』にキム・ジェジュンがゲスト出演したならこれよりいい例はないはずだ。しかし所属事務所紛争後、キム・ジェジュンのグループJYJが一切のバラエティ番組出演が出来ない状態なので残念さが倍増した。

キム・ジェジュンは「なので映画の広報のため、私の分まで一生懸命飛び回ってくれている俳優たちを見る度に申し訳ないと思う」「私がもっと出来ればいいんだけれど」と無念な心の内を打ち明けた。

キム・ジェジュンとソン・ジヒョが共演した『ジャッカルが来る』は15日からスクリーンで観客を迎えている。この映画は伝説のキラージャッカルとトップスターチェ・ヒョンの怪しい誘拐劇を扱ったコメディーアクション映画だ。

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 26日 18:39