[K-POP] ヤン・ヨソプ、デビュー後初のキス・シーン 「本当の恋人のように…」

歌手ヤン・ヨソプが俳優ソン・ハユンと熱いキスシーンで本当の恋人のようなシーンを演出した。

ヤン・ヨソプは26日公開されるソロアルバムタイトル曲『カフェイン』ティーザー映像でソン・ハユンとキスシーンを撮影した。キスシーンが入った映像は24日午前0時公開、叙情的で美しいメロディーをベースにヤン・ヨソプの甘い歌声が加わり、一編の映画OSTを連想させる。

何よりも『カフェイン』ティーザー映像でヤン・ヨソプはソン・ハユンとリアルなキスシーンを演じた。デビュー後初のキスシーンを行ったヤン・ヨソプのティーザー映像の姿は歌声のようにソフトで、時には男らしい魅力を発散し一層成熟した感じを抱かせる。

ヤン・ヨソプのティーザー映像は『カフェイン』のように取り返しのつかない中毒の対象を愛する恋人で表現した歌のコンセプトに合わせ、様々な暗喩をあちこちに配置し、感覚的な映像で叙情性を加えた。またお互いをじっと見つめるヤン・ヨソプとソン・ハユンのカップル演技が続きロマンティックな雰囲気を醸しだし、愛らしい恋人の姿の後に近づいてきている別れまで『カフェイン』歌詞の心締め付けるストーリーを暗示する。

以前に公開された『カフェイン』ミュージックビデオのスチール写真でヤン・ヨソプはソン・ハユンと共にデビューご初カップル演技を見せ、甘く愛らしい恋人の姿を演出した。

『カフェイン』はヤン・ヨソプの感性的な声が持つ叙情的な魅力を極大化した曲でBEAST(ビースト)のヨン・ジュンヒョンが今回の曲の作詞・作曲、プロデュースにフューチャリングまで援護射撃し話題を集めている。

写真提供=キューブエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 26日 18:32