[K-POP] ② YouTube 1位のPSY、その意味と価値

◇ポストPSYは?

PSYの大ヒットに世界のポップス市場は『ポストPSY』に熱い関心を見せている。『GANGNAM STYLE』のメガヒットを通じK-POPの強力なスター性と音楽性を確認したポップス市場が新たな韓国人歌手のスター誕生に期待をかけているのだ。

『ポストPSY』として強い期待を集めている歌手は少女時代、ヒョナ、BIGBANGなどだ。英有力紙のガーディアンは先週、「『GANGNAM STYLE』のスターPSYの後を少女時代が継ぐ」という見出しの記事を載せた。すでに『The Boys』を英語バージョンで発表し米国と欧州などで大きな反応を呼んでいる。PSYを除きK-POPのYouTubeチャート上位に最も多くの曲を上げている『準備された』ポップスターだ。

PSYのおかげで人気が上昇したのはなんと言ってもヒョナだ。コミカルな馬ダンスまでセクシーな姿で踊るヒョナに世界の男性ファンの耳目が集中した。PSYの米国でのマネージャーであるスクーター・ブラウンまでとりこにし米国で会ったりもしている。ヒョナバージョンである『オッパはぴったり私のスタイル』は1億5,700万クリックを記録し、K-POPコンテンツでは『GANGNAM STYLE』に次いで多いクリックを受けた動画になった。新曲『 ICE CREAM』のミュージックビデオは公開10日でYouTubeの再生回数2,000万件を突破して韓国歌手で最も速い記録を立てた。

PSYと兄弟グループのBIGBANGもやはりはずせない候補だ。すでにマドンナ、レディー・ガガなどのワールドツアーチームであるライブネーションと組んでツアーを展開しワールドクラス級の人気を集めている。グーグル・コリアでYouTube総括を担当するソ・ファンウク常務は、「PSYの成功でK-POPに対する世界的な関心がさらに高まった雰囲気だ。もちろんPSYのコンテンツ自体も立派だったが、数年前から主要なミュージシャンとレコード会社がK-POPを知らせるために投資したおかげ。K-POPコンテンツのおかげで韓国の放送、映画、アニメーションなどの次世代韓流コンテンツにも世界からの関心が高い」と説明した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 25日 09:59