[ドラマ] 日本人女優の藤井美菜『韓国のドラマ制作環境、日本と違う』

SBS(ソウル放送)の月火ドラマ『ドラマの帝王(原題)』に出演中の日本人女優の藤井美菜が韓日のドラマ制作環境の違いについて明かした。

22日、韓国メディアによると、同日午後にSBS木洞(モクドン)社屋で行われた『ドラマの帝王』の記者懇談会で、藤井美菜は「韓日のドラマの制作システムには違いがあるようだ。日本は台本を余裕を持って受け取り、おおまかなストーリーをだいたい知ってから始めるが、韓国ドラマはそうではないようだ」と話した。

続いて「日本ドラマはそのキャラクターが今後どのようになっていくかを知りながら演じるが、韓国ドラマはそうではないようだ。現在出演している『ドラマの帝王』の中のアキコも、今後どのように展開していくか分からず、韓国で待機中」と話し、韓国ドラマ制作システムの問題点を指摘した。

藤井美菜は劇中、ワタナベ(チョン・ムソン扮)の妻で悩殺的な美貌とは裏腹に天真爛漫な性格のアキコ役を演じている。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 22日 17:35