[芸能] TAHITI インターネット放送で卓越したバラエティーセンス発揮

女性グループTAHITI(タヒチ)がインターネット放送『手のひらTV』に出演、卓越したバラエティー感覚を発揮し、準備が完璧な新人の姿を見せた。

TAHITIは20日、生放送で行われた手のひらTV『パク・ミョンスの動くTV』に出演し、タイトル曲『Hasta Luego』と個人技を披露し視聴者たちとパク・ミョンスをあっと驚かせた。

TAHITIは手のひらTV出演でメンバーたちの飾り気ない姿を見せ、MCたちの称賛を浴びた。この日TAHITIは住まいの公開から特別出演した俳優チョ・ジョンソクとの通話だけでなく、トークの途中で各自の個人芸を思い切り発揮する時間を持った。特にメンバーたちのダンスバトルを始め、TAHITIの末っ子ジンが準備したナ・ムニの声帯模写とキム・ギョンホのものまねでバラエティーセンスを披露し、視聴者たちから注目された。

TAHITIは『春川(チュンチョン)のハン・ガイン』として知られる清純なルックスのジス、東国大女神のモデルポーズを誇るチョンビン、シックなパワーボーカルのミンジェ、カリスマあるミソ、個性溢れるビジュアルとダンスマシーンのジン、可愛いルックスと笑顔を兼ね備えたイリらメンバー6人の優れた美貌と個性が強烈なビートの音楽とよく調和している。

タイトル曲『Hasta Luego』はダブルステップジャンルで一層洗練された音楽スタイルを見せ、TAHITIの音楽的感性と個性溢れるメンバーたちの魅力を幅広く入れ込んだものだ。特に愛する人に裏切られ「見てなさいよ、2度と会わないから」という内容の歌詞と中毒性のあるメロディーが完璧に調和され音楽ファンたちの耳を奪っている。

写真出所=手のひらTV画面キャプチャー

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 22日 18:02