[ドラマ] ユチョン、ユン・ウネ、ユ・スンホ『会いたい』過去最高視聴率

『会いたい(原題)』がユチョン、ユン・ウネ、ユン・スンホら成人俳優たちの本格な登場と共にドラマ自体の最高視聴率を記録した。

22日、視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによると前日午後放送されたMBC水木ドラマ『会いたい』第5話は全国視聴率10.2%を記録した。これは先週の放送より5.2%ポイントも上昇した数値だ。

子役俳優たちの熱演にも関わらず1ケタ視聴率に留まっていた『会いたい』は最高視聴率を記録すると同時に放送後初めて2ケタ視聴率に安着した。

この日の放送序盤にはジョンウ(ヨ・ジング)とキム刑事(チョン・グァンリョル)がスヨン(キム・ソヒョン)が生きている事を確信し、スヨンを探し出す姿が描かれた。この過程でスヨンが乗っている車を追撃していたキム刑事が自動車事故で死亡し、ジョンウとスヨンの再会は叶わなかった。

14年という時間が流れたが変わらずスヨン(ユン・ウネ)を忘れられないジョンウ(ユチョン)はスヨンを探す為に刑事になった。スヨンは成功したデザイナー『ジョイ』となって韓国に戻って来た。またヘリー(ユ・スンホ)がスヨンの隣をしっかりと守っていて、これからのスヨンとジョンウ、ヘリー3人の交錯する愛がどう展開されるのかに関心が注がれている。

特にヘリーの家の前で聞きなれた声を聞いたジョンウが、声に導かれて行った先でジョイと出会う姿が予告され、14年ぶりに出会った2人が果たしてお互いに気付くことが出来るのかにも期待が増している。

この日初放送となったKBS2『田禹治(チョンウチ)(原題)』は14.9%、SBS『大風水(原題)』は6.9%の視聴率を記録した。

写真=MBC


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 22日 14:46