[芸能] シン・ドンヨプ、カン・ホドン復帰ビハインドストーリー公開

シン・ドンヨプが同じ釜の飯を食うカン・ホドンの放送復帰ビハインドストーリーを話し、大きな笑いを提供した。

20日午後放送のSBS『強心臓』でシン・ドンヨプは最近SBS『スターキング』で1年ぶりに放送界に復帰したカン・ホドンに触れ、復帰後プライベートでカン・ホドンに会った話をした。

この日カン・ホドンの復帰ビハインドストーリーはZE:A(ゼア)のグァンヒが先に始めた。グァンヒはカン・ホドンが復帰するMBC『膝打ち導師』に出演が決まり『カン・ホドンの男』『新たなカンライン』などの記事で話題を集めている。

これにグァンヒは「カン・ホドンのカムバック当日、イ・スンギからメールが来た。『膝打ち導師』合流おめでとうという内容だった」と得意顔を見せ笑いを誘った。カン・ホドンのカムバックを前に自分もやはり緊張したことを明かした。過去カン・ホドンにバラエティーを習ったグァンヒは、カン・ホドンがとても厳しいので心配したとのことだ。

グァンヒは「緊張して『スターキング』の控室に入ったんだが、笑いながら「グァンヒ、会いたかった。お前の声が恋しかった」と言ってくれた」「遥か後輩の僕に「よろしく頼む」と言った。収録中もコーナーが終わる度汗を拭いて疲れているようだった」とビハインドストーリーを教えてくれた。

これにシン・ドンヨプも同じ釜の飯を食うことになったカン・ホドンについて触れた。シン・ドンヨプは「少し前カン・ホドンさんと焼酎を一杯やったんだが番組をしてみるとこんなに幸せなことはないなと話した」と話した。特にシン・ドンヨプは「カン・ホドさんが「以前お前どうやって復帰したのか」と聞いてきた」と話し、辛かった過去を思い出す表情で爆笑を誘った。

写真=SBS『強心臓』放送キャプチャー


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 21日 13:52