[芸能] クォン・オジュン 「ペ・ヨンジュンに比べて自分が恥ずかしく…」

俳優クォン・オジュンが19日に放送されたMBC(文化放送)番組『遊びにおいで』で、「親しかったが、若い頃に馬鹿な考え方をして連絡していない友人がペ・ヨンジュン」と語った。

クォン・オジュンは「デビュー前、ペ・ヨンジュンと演技の学校で一緒だった。当時はお金もなかったが、一緒に釜山(プサン)旅行に行くほど親しかった。23歳だったが、後に成功して輸入車に乗って会おうと約束した」とし「ペ・ヨンジュンとドラマ『愛の挨拶』で一緒にデビューした。最初は差はなかったが、その後、私はすぐに結婚し、軍隊を行った。その間、ペ・ヨンジュンがトップスターになった」と振り返った。

続いて「ますます差が広がったので、友人なのに付き合いにくく感じるようになった。友人と比較しながら自分が恥ずかしくなったりもした」とし「私が新婚生活を半分地下の家で送っている時、ペ・ヨンジュンがエアコンを贈ってくれた。厳しい時に忘れずに助けてくれる本当に有難い友人だった。心は感謝していても、自然にますます遠い関係になった」と話した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 20日 13:47