[K-POP] ユン・ゲサン 演技のためにgod脱退? 「そんな愚か者じゃなかった」

「僕がどれだけgod(ジーオーディー)を愛してたか、演技のために脱退するほどの愚か者じゃなかった」

17日放送のケーブルチャンネルオリーブTV『ユン・ゲサンのワンテーブル』最終回でユン・ゲサンはgodメンバーたちを食事に招待し、正直に語り合った。

この日メンバーたちが食事を終えるとユン・ゲサンは「メンバーたちが勘違いしていることがある」と話し始め、自分がグループを脱退する状況で生まれた噂について切りだした。当時ユン・ゲサンが俳優に転向するためにグループを去り、メンバーたちと連絡を絶ったと噂されたが、これは噂にしか過ぎなかった。

ユン・ゲサンは「正直に言えば芸能人を辞めようとした。誰が演技をしたいからって脱退する?グループを台無しにする欲求もなかったし、僕の性格からしてもそんな人間じゃないじゃないか」と話した。「偶然のきっかけで演技をしたんだがそれがとても好きになって始めることになった」と説明した。

しかしユン・ゲサンが何の説明もせず俳優として活動し、godの6thアルバムにも1人だけ参加しなかったため、これが噂でなく事実のように受け入れざるを得なかった。これについてユン・ゲサンは「僕が反発してしまったら僕たちの友情が全部壊れてしまうようだった。脱退後godの6thアルバムショーケースステージに上がった時も4万名のファンがアンチファンに変わった状況でステージに上がることも本当に勇気がいることだったし、軍隊に行けば終わりだと考えて入隊した」と付け加えた。

それとともにユン・ゲサンは「本当に演技をしようとしたわけではない。そんなに馬鹿じゃないし、愚かでもなかった。僕がどれだけお前たちを愛してたか」と遅くなったが説明とメンバーたちへの切ない気持を伝えた。

ユン・ゲサン脱退理由を聞いたキム・テウは「8年間誤解していた。本当に馬鹿みたいだ。幼かったから目の前に見えることだけ信じてそれが現実だと決めつけた。他の考えをしてみたことがなかった。ただずっと恨めしかった」と話した。

デニー・アンも「勇気を出してくれたゲサン、ありがとう」と言葉を残し、キム・テウは「ゲサン兄さんが僕らよりずっと辛かったようだ。

互いにもっと信頼が深まって誤解も解けた。これからもずっと一緒に居られると思えるようになって感謝している」と伝えた。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 19日 18:10