[映画] 『オオカミ少年』500万突破…『泥棒たち』『王になった男』に続き今年のヒット3位

ソン・ジュンギ、パク・ボヨン主演の映画『オオカミ少年(原題)』が封切19日目で500万観客を突破した。

19日映画振興委員会映画館入場券総合コンピューターネットワークの集計によると『オオカミ少年』は18日、全国33万4,443名を集め累積観客数509万36,922名を記録し、ボックスオフィス1位となった。これにより先月31日封切となった『オオカミ少年』は封切19日目で500万観客を突破した。

劇場街オフシーズンという言葉を吹き飛ばすほど爆発的なヒットを見せている『オオカミ少年』は、ソン・ジュンギ、パク・ボヨンのアンサンブルで10代、20代の女心を奪っている上に、秋の切ない感性を刺激する美しい映像と心温まるストーリーで全世代の観客から熱風を引き起こしている。

これにより『オオカミ少年』は今年封切られた韓国映画の中で1,000万観客を動員した『泥棒たち(原題)』『王になった男』に続き3番目の2012年韓国映画ボックスオフィス3位に名乗りを上げた。

特に『オオカミ少年』は封切3週目『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2』のような錚々たる新作の封切にもかかわらず90万名の観客を動員し3週連続週末ボックスオフィス1位を守った。

写真=『オオカミ少年』スチール


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 19日 14:58