[K-POP] 『SSK』優勝 アルファベットのKが必要…チョン・ジュニョンは『K-ジンクス』の犠牲者?

『チョン・ジュニョンにKがないから落ちたって?』

国民のオーディションMnet『SUPER STAR K』優勝者になるためには英語名に必ずアルファベットのKがなければならない、いわゆる『K-ジンクス』が今年も破られず続き、ちょっとした面白さを提供している。

『K-ジンクス』とは『SUPER STAR K』で優勝するなら英語名にアルファベットのKがあれば叶うという理論だ。シーズン1の優勝者ソ・イングク、シーズン2の優勝者ホ・ガク、2人とも英語の名前にKが含まれており、シーズン3の優勝チームULALA SESSIONはイム・ユンテク、パク・スンイル、パク・グァンソン、キム・ミョンフン、メンバー4人ともKが入っているため生まれたジンクスだ。

今シーズン決勝戦に上がって来たDICKPUNKSとロイ・キム、2組とも全て英語名にKが含まれている。DICKPUNKSはULALA SESSIONのように、キム・ジェフン、キム・ヒョヌ、キム・テヒョン、パク・ガラムメンバー4人とも英語名にKが含まれている。ロイ・キムにもはやりKがある。よって今シーズンは誰が優勝してもこのジンクスは続くということだ。偶然にもTOP3のステージで脱落したチョン・ジュニョンの名前にはKがない。

『K-ジンクス』についてネットユーザーたちは「チョン・ジュニョンが脱落した理由がKがないから?」「これからSSKに志願する人たちは名前にKがなければニックネームでも作って参加するように」「DICKPUNKSはKが4個だから優勝するんじゃないか?」などのコメントで応じた。

23日予定されている『SUPER STAR K 4』決勝戦はバンドとして初の挑戦をするDICKPUNKSと国民オーディション史上最強の優等生ボーカリスト、ロイ・キムが1位の座を巡ってバトルする。決勝戦はソウル蚕室(チャムシル)室内体育館で開かれ午後11時にMnet Koreaで生放送される。

写真=キム・ビョングァン記者

『SUPER STAR K 4』をリアルタイムで楽しもう!



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 19日 14:48