[K-POP] G-DRAGON 過去の盗作疑惑への本音を収録…『K&』マガジン創刊号

グループBIGBANG(ビッグバン)のリーダー、G-DRAGON(ジードラゴン)が、(韓国)日刊スポーツから23日に創刊される新しいスタイルの韓流マガジン『K&』創刊号の表紙モデルとして登場した。9月にセカンドソロアルバム『One Of A Kind』をリリースしたG-DRAGONは、圧倒的な存在感で自分こそがK-POP最高のアイコンであると改めて証明した。

G-DRAGONは『K&』創刊号のカバーストーリーのためにこれまで明らかにせず心の奥に秘めていたことを惜しむことなく告白している。ニューアルバムに対するプレッシャー、デビュー初期とは異なる今の姿、セカンドソロアルバムのタイトル曲『Crayon』の意味などについて真摯に説明している。またファーストアルバムのときに取り沙汰された海外アーティストの模倣・盗作疑惑についてもその本音を率直に明かしている。

音楽に関する話だけではなく、“歩くファッションアイコン”としてファッション・衣装に対する持論やソロ活動で感じたこと、記憶に残るファンについての正直な気持ちも語っている。なかでも同じ所属事務所(YGエンターテインメント)に所属している歌手PSY(サイ)の『GANGNAM STYLE』ブームについて語るときには、歌手として持っている目標についての奥の深い話も披露している。


『K&』創刊号のカバーストーリーには“歌手G-DRAGON”ではない“人間クォン・ジヨン”についての話も収録している。自分にインスピレーションを与え、悩みを聞いてくれるBIGBANGのメンバーへの愛情、つらいことがあったときに支えてくれる家族への信頼、どんなに努力しても直らない自分の悪習慣などについても軽快なトーンで答えている。

“人間クォン・ジヨン”が教えてくれた“歌手G-DRAGON”のフルストーリーが収録されている『K&』創刊号は今月23日に電子版とオフライン版で韓日同時発売される。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 15日 15:41