[映画] JYJキム・ジェジュン 映画デビュー作OSTに自作曲収録

グループJYJのキム・ジェジュンの作詞曲が映画『ジャッカルが来る(原題)』のOSTに収録された。

配給会社のロッテエンターテインメントが15日に明らかにしたところによると、キム・ジェジュンは自身のスクリーンデビュー作『ジャッカルが来る』(ペ・ヒョンジュン監督)のOSTに直接作詞した『Stay』を収録した。『Stay』はキム・ジェジュンのハスキーながらもやわらかいボーカルが際立つ甘美なバラード曲だ。

ロッテエンターテインメント関係者は、「キム・ジェジュンの作った曲は『Stay』だけでなく『私の中の慰労』『Kiss be』もある。試写会後に映画はもちろんOSTも大きな関心を集めている。映画のストーリーに合わせて作った曲で没入度を高めるという評価を受けている」と説明した。

15日公開の映画『ジャッカルが来る』は、トップスターのキム・ジェジュンを拉致したキラーのソン・ジヒョ、ソン・ジヒョを捕まえるために孤軍奮闘する特殊要員ハン・サンジンの間で展開されるエピソードを描いた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 15日 11:40