[芸能] イ・ビョンホン、ドキュメンタリー番組のナレーターに

イ・ビョンホンがドキュメンタリーのナレーションを引き受けた感想を明らかにした。

映画『RED2』撮影のため英国に滞在中のイ・ビョンホンは、SBS(ソウル放送)のドキュメンタリー『最後の帝国』のナレーション収録を終えた後、映像で作品に対する感想を明らかにした。

イ・ビョンホンは「映画『王になった男』の公開を控えているころにナレーションの提案を受けた。『王になった男』の偽の王ハソンが夢見た世界を収めたドキュメンタリーだと考えた。人間の幸福を求めようとする行為に対し考える中で共通点があった」としてナレーションをすることになった理由を明らかにした。

続けて、「すべての場面が印象的だった。最も暮らしよい国とされる米国にも飢えた子どもたちが多いという点と、お金のために母乳を売り買いする人々の話も印象的で衝撃的だったが、自分自身をもう一度考える契機にもなったようだ」としてドキュメンタリーに対する考えを明らかにした。

『最後の帝国』は最適なシステムと呼ばれた資本主義の問題点に鋭く切り込んで共存の価値を求めていく旅程を収め、この社会が失われた価値を探せるよう示唆するドキュメンタリーだ。4部作で構成された、18日から毎週日曜日午後11時5分から放映される。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 15日 10:21