[映画] イ・ビョンホン『王になった男』、『ブラザーフッド』を超え、韓国映画歴代興行成績TOP4に

時代劇『王になった男』が封切10週目で歴代韓国映画好興行4位にランクされた。相変わらず平日一日で2万名程度の観客を集めており、今後記録更新するかどうかについて関心が寄せられている。

映画振興委員会映画館入場券総合コンピューターネットワークの13日集計によると『王になった男』は12日、全国2万5,666名の観客を動員し、デイリーボックスオフィス4位を記録した。これにより累積観客数1,176万534名を記録し、2004年封切られた映画『ブラザーフッド』の1,175万6,735名を超えた。

『王になった男』は封切38日間で1,000万観客を突破し記録を更新した。そのスピードもやはり歴代韓国映画好興行TOP3を記録している『王の男』より7日程早い記録で『アバター』と同じスピードだ。

これで『王になった男』が越えなければならない山は『泥棒たち』(1,303万227名)『グエムル-漢江の怪物-』((1,301万9,740名)『王の男』(1,230万2,831名)『ブラザーフッド』(1,175万6,735名)だけだ。

『王になった男』側の広報関係者は「一日で2万5,000名ほどの観客が変わらず入っている。普通1万観客以下で上映館が減るが、相変わらず観客数と評価がいい」とコメントした。撤収する時期については「映画の生命力は観客によって決められる。配給や制作者で決定できる問題じゃない」と説明した。

『王になった男』が『王の男』と『グエムル-漢江の怪物-』を超えて歴代興行成績1位である『泥棒たち』まで見渡す事が出来るかに関心が注がれている。

この日のデイリーボックスオフィス1位は『オオカミ少年』(15万7,643名)2位は『私が殺人犯だ(原題)』(10万5,439名)3位は『007スカイフォール』(2万7,705名)だった。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 14日 19:17