[K-POP] 韓国-ベトナム修交20周年『M-LIVE MO.A 2012 inベトナム』コンサート開催!

2012年韓国ベトナム修交20周年を迎え、アジアエンターテインメントリーディング企業CJ E&Mでは、グローバルコンサート『M-LIVE MO.A in ベトナム』を企画し、文化的な交流を図る。





CJ E&Mコンサート事業部は11月25日(土)現地時刻夜7時、ベトナム・ホーチミンに位置するPhu Tho Stadiumにて、『M-LIVE MO.A in ベトナム』を開催、K-POPアーティスト達はもちろん、現地の歌手の公演及び韓国ミュージカル・Wonder Girls公式ツアーなど、様々な公演及びイベントを企画していると明らかにした。

CJ E&Mは「ベトナムは韓流ブームの主要地なだけでなく、文化的な源流を分かち合った親密度の高い国だ。それだけに一方的な接近や一時的な成果でなく、持続的な‘文化交流’の為にウェルメイトコンテンツでお互いに疎通しなければならない」と説明した。実際、ベトナムではK-POPを日常的に聞くだけでなく、主要テレビチャンネルでも韓国ドラマを放送してしており、K-POPアーティストの公演チケットが最高のプレゼントとして認識されているほどに韓流にとても友好的な国だ。

その為、『M-LIVE MO.A in ベトナム』は今までのK-POPコンサートとは違い、3部に別れており、音楽だけでなく様々なコンテンツが見れるように構成される。韓国アーティスト達の公演はもちろん、ベトナムのアーティストも参加し、両国の文化が疎通できるものとなる。また、韓国の食文化に触れられるミュージカル公演も行われる。

1部はビビンパをテーマにした、パフォーマンスミュージカル『ビパブ』を披露する。言語的な障壁なく、韓国の食文化をコミックに描いたもので、ベトナムの人々の目と耳を楽しませるだろう。また、ベトナムのトップアーティストであるTHU MINHとVan Mai Huangもステージを飾り、ベトナムの最新音楽を紹介する予定だ。

メインオープニングの2部では、ホ・ガク、ZE:A、新人歌手のHi.ni(ハイニ)などが参加する。特に、tvNドラマ『第3病院(原題)』のOST『会いたい』でデビューしたHi.niの場合、ベトナムに住んでいる父親が命名してくれたベトナムの名前で活動しており、より意味のある公演になるだろうと期待されている。 またメインショーは、Wonder Girlsのコンサートも開かれる。

一方、『M-LIVE MO.A in ベトナム』を企画したCJ E&Mコンサート事業部側は、この公演に先立って10月31日にベトナムにて現地記者会見を通じ、この公演についての説明会を行った。この事前記者会見には、CJ E&Mコンサート事業部部長ほか韓国・ベトナム修交委員会委員長などが参席し、ベトナムの主要メディア約30社が参加して大きな話題となった。ベトナムメディアは、「ベトナムイベントに韓国の歌手が招待された事例とは違い、韓国で公演を企画し、ベトナムで開催するのは異例的なことだ。内容の濃い構成の公演が予告されており、とても嬉しい。これを通じて韓国とベトナムとの文化交流の幅が更に開くと期待している」という反応を見せた。

韓国ベトナム修交20周年記念『M-LIVE MO.A in ベトナム』の公演前の23日、出演アーティストが参加する現地記者会見が行われる予定だ。

CJ E&MグローバルコンサートM-Liveは、CJ E&Mで主催する国内外全ての公演を合わせたコンサートブランドで、音楽産業の成長とK-Concert水準を高めるのに貢献している。また、MO.A(Most Amazing)は、様々なアーティスト達が繰り広げる合同グローバル公演形式を称するコンサートブランドだ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 14日 14:09