[ドラマ] ユチョン、ステージで持てないマイクをドラマで

「ドラマではユチョンの歌う姿が見られるか?」

グループJYJのユチョンがMBC水木ドラマ『会いたい(原題)』でマイクを握った。

『会いたい』の第4話から登場する予定のユチョンは最近本格的な撮影に突入し熱演を繰り広げている。この中でユチョンがマイクを持って立っているシーンが公開され人目を引いた。

公開された写真でユチョンは両手でマイクをしっかり握ったまま熱唱している。黒のジャケットで一層素敵になったユチョンは両目を閉じ、首筋に血管を浮き上がらせながら歌うシーンを披露した。国内で音楽活動が出来ないJYJであるため写真が更に嬉しいとの意見が相次いでいる。

写真に接した彼らは「ステージでもこうやって歌えたらいいのに」「ユチョンのマイクを握る姿。ドラマでも会うことが出来るんだね」「真面目な姿勢で熱唱しているユチョン。格好いい」など様々なコメントで関心を見せた。

ドラマのある関係者は「ユチョンがマイクを握るシーンは子役から成人俳優たちにストーリーが転換されるつながりになる場面で、子供のジャンヌとスヨンのエピソードにその糸口がある」「成人になったハン・ジョンウの初シーンなのでどういう内容が展開されるかに大きな関心と期待をお願いします」と話した。

ユチョンは15歳の初恋の記憶を胸に抱いたまま生きて行くハン・ジャンウ役を演じる。初恋のスヨン(ユン・ウネ)を守れなかった心の傷を描く人物として熱演中だ。

写真提供=CJeSエンターテインメント


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 13日 18:45