[K-POP] DICKPUNKS、チョン・ジュニョン、ロイ・キム、ホン・テグァン『SSK4』TOP4音源王は?

生放送ステージで熾烈な戦いを繰り広げたMnet Korea『SUPER STAR K』トップ4、DICKPUNKS、チョン・ジュニョン、ロイ・キム、ホン・テグァンの中で音源強者は果たして誰だろうか。

DICKPUNKS、チョン・ジュニョン、ロイ・キム、ホン・テグァンが9日生放送のステージで視聴者たちが選んでくれた自分たちに一番似合う歌でステージを飾った音源が12日正午発売される。

一番期待されている音源は2週連続審査委員点数1位のDICKPUNKSの『演劇が終わった後』S#arp(シャープ)の原曲にDICKPUNKSの悪戯小僧らしさを加え、直接編曲演奏するバージョンで再度音源チャートを狙う予定だ。特に曲中盤でキム・テヒョンのボーカルを強調した部分は審査委員イ・スンチョルに「鳥肌が立った」と絶賛され、音源発売もまた大きな期待を受けている。

これに合わせて生放送ステージで卓越した存在感を見せてくれたチョン・ジュニョンが初めて試みたロックバラード『救急室』はDICKPUNKSの強力な音源ライバルになる予定だ。視聴者たちの選曲を通じてチョン・ジュニョンの変身が引き立った今回のミッション曲『救急室』は、放送直後から週末の間中リアルタイム検索語に上るほど話題になった。チョン・ジュニョンもまた実際のレコーディング時、いつもより感情表現に集中した分音源でも頭角を現すだろうと見られている。

この他に70年代の名曲『しばらく遠のいていたよ』を愉快に歌い上げたロイ・キムもまた、これまで見せてきた曲が全て音源チャート上位圏に上がり音源強者の面を見せただけに期待を集めている。

9日惜しくも苦杯を舐めたホン・テグァンは『僕の古い引き出しの中の海』レコーディング時、脱落の辛さを忘れ、完璧に没頭してプロらしい姿で関係者を感動させたとの裏話だ。

脱落者を含むトップ12が見せる全国民への感謝全国コンサート『SUPER STAR K 4 TOP12コンサート』が12月20日と21日ソウルオリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場を皮切りに全6都市で開催される。

写真提供=Mnet

『SUPER STAR K 4』をリアルタイムで楽しもう!



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 11月 13日 18:44