[K-POP] ① ポッペラ歌手イム・ヒョンジュ 「日本公演で韓服…私の信念」

“最初”と“最年少”というタイトル数を増やし、世界を駆け回っているポッペラテナーのイム・ヒョンジュ(26)が再び意味のある仕事に取り掛かっている。韓国デビュー15周年、世界デビュー10周年を記念して、今月18日午後6時にソウル芸術の殿堂「オペラ劇場」で単独コンサート『Classic Style』を開く。

舞台を借りることが非常に難しいことで有名なこの舞台に、韓国アーティストとしてチョ・スミ、チョ・ヨンピル、チョ・ヨンナムに続いて4人目の単独公演を開催する。また1988年のオペラ劇場オープン以来、この舞台に立つ“最年少アーティスト”のタイトルもつけられた。イム・ヒョンジュは「先月、オペラ劇場を借りられるとの知らせを聞いてとても嬉しかった。公演ポスターを再度撮影してコンセプトをガラリと変えたほど全力を傾けている。私としては初めての正統クラシック公演を開く予定だ」と浮き立った様子で話した。

--公演準備は順調か。

「舞台を借りられるとの知らせを聞いて、全コンセプトをあわただしく変えたため、寝る間も惜しんで準備を進めている。50人組のコリアン・ナショナル・フィルハーモニック・オーケストラとはなかなかスケジュールが合わず、3日間ずっと練習したが非常に満足な水準だった。オーケストラとの完ぺきなサウンドをお聞かせできると思う」

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 13日 10:12