[芸能] IUとウニョクの写真流出に興奮する男性ファン

IU(アイユー)とSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のウニョクの写真流出事件が尾を引いている。

10日午前、意図せずIUのTwitterを通じて写真が流出した後、所属会社側は「親しい先輩と後輩の仲にすぎない」と急いで釈明したが、興奮したファンの怒りは簡単に静まらないでいる。ネットユーザーらによる“捜査隊”はカップルと疑われる証拠を絞り込むに忙しく、男性ファンたちはため息をつきながら依然として“メンタル崩壊”から抜け出せない雰囲気だ。

IUの所属事務所は10日、「該当の写真は今年夏にIUが体調を崩したときにウニョクが見舞いに来て一緒に撮った写真だ。IUがきょうの明け方にTwitterのツイート作成中にミスでTwitterに連動された写真アップロードサイトに写真を上げて外部に公開された」として事件直後に急いで公式見解を発表した。

素早い火消しでも議論が収まらないのは事件の主人公が“無欠点の国民の妹”のIUだったためという分析が出ている。IUのファンの柱は男性ファン。IUのファンは通常の女性歌手と少し異なる。セクシーな女性歌手に熱狂してきた男性ファンと違い、IUの男性ファンは純粋できれいな少女のイメージを守るのに執着した。ガールズグループの洪水の中でIUだけが『国民の妹』というタイトルを得られたのは、いますぐ制服に着替えても幼く見える子どものような透明なイメージのおかげだった。「勉強に自信がない」として大学進学まであきらめると、『概念アイドル』という呼称までついた。大衆文化評論家のチェ・ヨンギュン氏は、「無欠点イメージの歌手という事実のために熱い人気を得ただけに、失望もまた大きかっただろう。大衆はIUに完璧なイメージを投影してきた。社会的に大きな問題を起こしたケースではないがIUがスキャンダルの主人公という事実だけでとてつもない反響を呼び起こした」と明らかにした。

歌謡企画会社は今回の問題を他山の石として所属歌手の取り締まりに出た。あるガールズグループの広報担当者は、「IUの事件を見て所属歌手にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)をすぐに止めるよう言った。SNSを通じてファンとコミュニケーションする機会が増えたのは事実だが、それだけ私生活が意図せず露出する危険性もやはり大きくなったようだ」とささやいた。

一方、IUは12日午後に生放送されたSBS『愛分かち合いコンサート』に予定通り出演し、“事件”後初のスケジュールをこなした。軽快だった普段の姿と違い落ち着いて沈んだ語調で進行を継続した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 12日 18:41