[映画] JYJジェジュン 「キム・ソンニョンとキスシーンで気を奪われたかも」

歌手兼俳優のJYJキム・ジェジュンが大先輩キム・ソンニョンと濃厚なキスシーンを撮影した所感を伝えた。

キム・ジェジュンは8日、ソウル広津区(クァンジング)ロッテシネマ建大入口で開かれた映画『ジャッカルが来る(原題)』のマスコミ試写会で、キム・ソンニョンとのキスシーンについての質問に「初めてキム・ソンニョン先輩にお会いした時は先生と言うべきか、先輩と言うべきかいろいろ心配した」として「先輩が『先生』は年がとっているみたいだからヌナ(お姉さん)と呼びなさいと言われた。気さくに対応してくれて呼吸がうまく合った」と話した。

続いて「あまりにもよくしてくれたせいか、キスシーンを撮影する時にぎこちなさや緊張することはなかった」として「キスシーンを終わらせて『気を奪われたようだ』と言うと、キム先輩が『気は確かに抜き取った』と答えた」と笑いがあふれた。

キム・ジェジュンのスクリーンデビュー作である『ジャッカルが来る』は伝説のキラー、ボン・ミンジョン(ソン・ジヒョ)と「女心キラー」のトップスター、チェ・ヒョン(ジェジュン)の怪しい拉致劇を描いた作品だ。キム・ジェジュンは映画の中で「紳士的な男」と「刺々しい男」の二面性をもつトップスターのチェ・ヒョン役を、キム・ソンニョンはチェ・ヒョンのスポンサーのアンジェラ役を熱演した。ソン・ジヒョ、キム・ジェジュン、オ・ダルス、ハン・サンジン、キム・ソンニョンらが出演して15日封切りする。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 11月 09日 15:06